「離婚したい」と言われたら逃げず、焦らず、落ち着いて

夫婦でいることがプラスだと相手も思ったら離婚を撤回できるかも


「離婚したい」って言われたら、少なからず心が動揺しますよね。

 

呆然としたり、ふつふつと怒りが湧いてきたり、『何で?』って思ったり・・・

 

普段から自分も「離婚したい」と思っていれば、意見が合致したことになるので、かえって前向きになりやすいのかもしれません。

 

でも『離婚したくない』気持ちの方が大きいと、不安と心配だけがうず巻いてジタバタしがちです。

 

そうなると先が見えなくなってしまいますよね。

 

どうして離婚したくないのか、を自問自答して、逃げずに夫婦で話し合うことです。

 

いつもの話し合いと違うのは、相手は『離婚』という決意を話しているので、ある程度の苦難は覚悟の上ですることです。

 

自分の方も、焦らず、落ち着いて「やり直せるか」「離婚を受け入れるか」の結論を自分で出しましょう。

 

 

相談前には「どうして離婚したくないの?」かを明確にしておく

離婚したくない相談を他人にする前に自分でやっておきたいこと

 

ところで、自分で「離婚したくないのはなぜ?」って自問自答してみるとどうでしょう。

 

もしかしたら結婚生活の執着なのか

もしかしたら自分自身のプライドなのか

もしかしたら夫への依存なのか

もしかしたらだたの意地なのか

それとも純粋な愛情なのか

 

そんなことを考えてみると、全部だったりするんですよね。

 

たとえば、
相談ではなくて友人との話の中でも、「どうしてそんな男と別れないの?」って言われることもあるかもしれませんね。

 

そんなときに、子供達と遊んだ姿、家族で笑っていた姿、幸せだった時間が忘れられないってことがあるかもしれません。

 

あの時間が続いていれば、、、、って思うのは依存だし。結婚生活への執着だったり。。。

 

そう考えると、

 

  • 諦めて別れを認めるのがベスト?
  • 今の私には何ができる?
  • 今の私は何をすべき?

 

そんな選択がでてくるはずです。

 

もし、離婚したくないけどがんばって自分を奮い立たせてきたならそう思うはずです。

 

たいていの夫婦は、「この人と離婚したい」とはじめて思ったときには、「相性が悪いなぁ」って思ったハズです。

 

どこか、根本的な考え方の違いがあるなぁって。よく離婚理由で言われる性格の不一致というものです。

 

そんななかで、最初の頃はお互い歩み寄れる部分があるんじゃないかなぁって修復を試みたことがあったかもしれませんね。

 

問題はそれからです。

 

試みてから再び挫折して、、、、

 

「相性が悪いなぁ」って感じてから離婚に進むかどうか。

 

「この先お互いに歩み寄って上手くやっていけたらいいなぁ」って思うのか、「もういっそのこと離婚しよう」って思うのか。

 

その食い違いが起きると、

片方は「離婚したくない」

もう片方は「離婚したい」

ってなっちゃいますね。

 

そんなことがあっても、夫婦のことだから、なかなか誰にも相談ができないんですよね。

 

家庭内のことって、外から見るとわかりにくいし、違う人に説明することも難しい。。。。

 

本当なら、別れたくない、離婚したくないなら親身に相談ができる関係の人がいればいいのかもしれません。

 

家庭裁判所でも無料で離婚相談をしていますが、この相談は離婚の手続きの流れです。相談で離婚したくないから今後どうすればいいのか、なんて教えてはくれません。

 

となると、さらに離婚したくない方は相談もできないまま生活を続けているという。。。。

 

何とかしたという気持ちだけがが空周りしちゃって。

 

自分以外の誰かに、離婚したくないという相談をするなら、『どうして離婚したくないのか』を人に説明できるくらいまでに、気持ちの整理をつけていないと、空回りしてしまうだけです。

 

「離婚したくない」理由を夫婦で話し合うところから

 

夫が「離婚したい」と突然言われた

 

妻に離婚を言われた場合、最初は「離婚したくない」という思いよりも、驚きや怒りの方が先にくる人の方が多いようです。

 

そんな時に逆上してしまうと、夫婦を元どおりに修復することはおそらく不可能でしょう。

 

妻が夫に「離婚したい」と言う場合は、我慢に我慢を重ねて、気持ちの上でも離婚する覚悟で言っているからです。

妻から突然離婚したいと言われたら

 

妻が「離婚したい」と言われた

 

夫が妻に離婚を言い出すのは、妻と違って計画的でないこともあります。

 

妻が、『離婚したくない』と思っている場合は、将来への不安や子供のこと、お金のこともあって複雑なことが多いようです。

 

 

夫から「離婚したい」といわれたんですけど、まだ離婚したくない んです。

 

離婚の申出を撤回させるために話し合いたいんですけど、動揺しちゃって・・・・


 

自分の妻や夫から離婚したいと言われれば、誰でも動揺しますよ。

 

相手に愛情を感じていればもちろんですが、たとえいつも『離婚したい』と思っていたとしてもです。

 

生活費が入らなくなったり、身の回りの世話をしてくれる人がいなくなったり、と、不便や不安が生じないことはないですね。


 

離婚を受け入れることも考えたんですが、やはり別れたくないんですね。

 

いろいろと人に離婚の相談をしたいんですけど、今の自分がやっておくことはどんなことでしょう。


 

離婚の申出を撤回してもらうには、相手と話し合うしかありません。

 

ここで対応を誤ると、もはや相手と話し合うこと自体が不可能になってしまいます。

 

「離婚したくない」と話し合う前には、自分が本当に離婚したくないのかの結論を出すことですね。


二人で、話し合う前に考えておく事とは、まさにどうして離婚したくないのか、という理由です。

 

夫婦でいることによってどこがどんな風にプラスなのか、できるだけ具体的に考えてください。

 

愛情があるとか子供の事だとか、親に心配をかけたくないなど、なにか理由があるはずですから、そこをよく考えてみてくださいね。

 

特に、それは相手にとっても同じくらい大切なことなのかどうかを考えるとわかりやすいかもしれません。

 

離婚の話し合いを放置しているとどうなる?

 

片方が離婚したいと思っていて、自分が「離婚したくない」と思っても、何もしないでいるとどうなるでしょう。

 

自分が嫌なことって、なるべく避けたいものなので、なかったことにしたいですよね。

 

すると、

 

離婚したくないのに離婚の話しがどんどん進んでいる。。。。

 

どんどん離婚の方向に話しが進んでいって、離婚の条件とか、子供の親権とか、お金の話しとか、決める方向に進んでしまいがちです。

 

夫婦のどちらもが「離婚したい!」っていうことにならないと、離婚ってできませんよね。

 

形式的ですけど、離婚届に印鑑を押して、提出する。

 

そんな単純なことなんですが、どちらかが「離婚したくない」って思っていると、離婚届が出せませんよね。

 

離婚したくないからといってがんばってみても、そもそも、離婚は拒否できても、結婚生活の継続は二人の意思がそろわないとできませんよね。

 

離婚のときに問題になるのは、親権・財産のことがほとんどです。

 

離婚になりそうだと思いつつ、意見が合わない状態で「離婚」を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

こじれてさらに、離婚したくないという思いさえ伝えられません。

 

何も話し合えないとも多いです。
だから、離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

もし自宅などの不動産を所有しているのなら、売却したらどれくらいの価格になるかを出して、資産価値からの処分を検討しておきましょう。

住宅ローンはその価格から差し引きます。

売ったらいくらになるか60秒でわかります(無料です)

 

「離婚したくない」と言ったときの反応がこわい

 

 

『離婚したくない』と本音を言ったときの反応を考えるだけで恐いんですよね。


 

相手の決意が固くて、何が何でも離婚したいと思えば、別居をしたり調停訴訟を起こしたりするかもしれませんが、それは仕方のないことで受けて立つしかありません。


話しをするときに大切なことは、焦らずに落ち着いて望むことです。

 

離婚の申し入れに対して過度に動揺してよく考えずに焦って対応すると、相手との対話は成り立ちません。

 

どうすれば共通の基盤に立った生活を再開できるかを考えながら話し合ってくださいね。

 

ここできちんとした話し合いをしておけば、仮に決裂したとしても相手の考えを知ることができるので、後で調停や訴訟に至った場合でも戦略を立てやすくなります。

 

一方で、離婚したいと言う方の理由が「浮気・不倫」だったら、戦略的にも誰に目にもわかる「証拠」だけは確保しておくべきです。

 

たとえ、自分の中で一度は「許す」と決めたとします。

 

相手も、たとえ浮気を認めていたとしても、そういう性格の人は後々「証拠を見せてみろ」と手のひらを返すことが多いからです。

 

もし、浮気や不倫を感じたとしても、すぐにはおおごとにせず「証拠集め」から作戦を練ってくださいね。


街角探偵相談所では、浮気の証拠がなかった場合に調査費用がかかりません!
街角探偵事務所は匿名で相談もできます(無料です)

 

夫の離婚したい原因は「妻の至らなさ」じゃない

 

相手の方(特に夫)が離婚を望んでいるのに、修復を望んでも無理なのかも?って思う気持ちもわかります。

 

すると、離婚したくない、と思っている方は、これまでの自分の至らなさを詫びたりするんですね。

 

素直になって夫に愛情表現できたら夫婦関係はかわるんじゃないか、って思ったり。。。

 

でも夫が望んでいることはそんなことではないんです。

 

望んでいるのは、母親像なんです。

 

それは男女の考え方の違い、とも言えるんですね。

 

まずは、夫が変わることを望むのでなく、自分が変わるしかないんです。

 

そうすれば、夫も後から気持ちを返してくれるはずですよ。

 

では、どうやって変わるのか。

離婚したくない、という気持ちがあるのなら、夫婦関係の修復ができる方法があります。 →夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

 

離婚したくないのを子どもを理由にするのは逃げ

 

離婚したくない理由が、『子供のことが気になるから』という人もいます。

 

子供がどう思うかを考えることも大事ですけど、夫婦仲がしっくりいっていない家庭で子供はのびのびと育ちませんよね。

子供の事を考えたら離婚出来ない

 

いわば、離婚問題を子供のせいにして逃げているのと同じようなものです。

 

 

離婚となると子供の事はやはり心配ですね。


 

親にとって子供が大事だというのは一般論としては共通しているとは言えます。

 

でも、愛情のなくなった両親が名目上夫婦でいることが子供のためになるか、というとそこは意見が一致するとは限りません。

 

相手を説得しようと思えば、相手のことを一所懸命に考えて望まなければならないのは当然ですよ。

 

子どもを持ち出すのは問題の核心をはずしているので、いつまでも離婚問題は解決できません。


離婚の話し合いをするときに大切な事は、問題の核心から逃げないことです。

 

相手は離婚という一大事を切り出してきているのですから、ある程度の苦難は覚悟の上です。

 

それに対して、離婚したくないと思っているのに、子供がいるから絶対無理と言ってきちんとした離婚の話し合いをしないのでは問題の解決はあり得ません。

 

もちろん、ここであえて話し合いをしなくてもすぐに離婚になってしまうわけではありません。

 

後で調停でも離婚訴訟でも話し合うチャンスはあるのですが、ずっと逃げ回ることはできず、いつかはきちんと問題に向き合わなければなりません。

 

だったら、とりあえず自分の口で「離婚したくないからやり直したい」ということをきちんと告げましょう

 

反省して謝るだけでは離婚に向けて加速する可能性もある

離婚へ加速する離婚したくない気持ちのために反省すること

 

離婚の話し合いをするときに、『悪いところがあったら反省して謝ろう』と思うこともありますよね。

 

そう思って、ひたすら謝り続けてもかえって反省の色が見えない、と離婚に向けて加速してしまうかもしれません。

 

 

離婚したい理由を聞いてハッキリしないことがあっても謝っておいた方がいいのでしょうか?


 

中途半端に謝るのはかえって逆効果です。

 

訳もわからず「ごめん、悪かった」を繰り返してもダメです。

 

なぜなら、謝られたが側にとっては肝心の理由がわかっていない以上、同じ事がまた続くに違いないと思うからです。


夫が『離婚したくない』、でも妻は離婚したい、と思っているときに、とりあえず謝っていても、妻は子守りと家政婦として必要だから引き留めた下心として見ています。

妻から突然離婚したいと言われた 理由に心当たりあります?

 

妻が『離婚したくない』、でも夫は離婚したい、と思っているときに、反省する態度は男性の理想とする母親像から離れて言ってしまうからです。

離婚したくないなら反省の態度を示すのはダメ

 

仮に、片方が離婚したくないから、と調停→離婚訴訟まで進んだとします。

 

離婚訴訟の究極のテーマは「夫婦間が破綻してしまってもとに戻らないと言えるか」ですが、謝るべき事をきちんと謝るという当たり前のことをきちんとしておかないと、裁判官は言い分に耳を傾けてくれないんです。

 

万が一後日、離婚訴訟になった場合には謝るべき事をきちんと謝っていたかどうか、という事情は離婚を認めるべきかどうかの判断に多少は影響を及ぼす程度です。

 

何度も離婚の危機に立たされても、その度に反省するポーズをとる人なんて沢山います。

 

「離婚したい」「離婚したくない」

残念ながら、そんな離婚相談を他人にして、離婚の危機を乗り越え、家庭円満になった夫婦はまずいません。

 

離婚したい相談をする時点である程度の覚悟はしておくほうが、明るい人生も開くことが展開もできるかもしれませんよ。

 

親しい友人でも、「離婚」が話題にでるほどの夫婦の関係の相談ってなかなか相談できないですよね。

 

弁護士さんや家庭裁判所の相談も、手続き的なことばかりで、感情を読み取ってもらえません。

 

何も深い事情を知らない人に、占いとして相談すると、今後の人生のきっかけがつかめたりしますよ。 離婚したいと思いはじめると、心も体もクタクタになりがちです。

選択肢が離婚しかないなんて思い込んでいるなら、第三者に相談することで、新たな道が開けるかもしれませんよ。
心の悩みがあったら気軽に相談してくださいね(無料です)

 

離婚 住宅ローン

 

よく読まれている人気関連コンテンツ

---離婚アンケート(お願い)---

「あなたの今は?」