実際の離婚理由はものすごく多い

離婚したい理由を相談するとかえって悩みは増える

 

離婚したいと思う時ってなんらかの理由があるはずですよね。

 

それが一つとは限らないはずで、様々な理由があるはずです。

 

「私たちはわかりあっている」と口にする夫婦は、離婚とは無縁のように思えますけど、実際は心の中では、相手の信用度合いを計っていたりもします。

 

実際に離婚した人の理由は法律上の離婚原因通りではありません。

 

法律上の離婚原因でないと離婚できないのは、離婚裁判までもつれてしまったときだからです。

 

いろいろな離婚の理由があるのは、「夫婦だからわかりあえる」なんて思っているからなんですね。

 

これを解決するには、結局は自分しかいないんです。

 

 

古典的な離婚理由もあれば新しいものもある

実際の離婚したい理由が多い

 

離婚の理由は、それぞれの夫婦があるとおり、千差万別であって、奇妙なものもあるんです。

 

いびきやおならが我慢できない、などというものもあって、ゲホンという咳払いがイヤで離婚したい、などという周りから見れば気楽なものもあります。

 

時には不貞、浮気をした側からの離婚請求で協議離婚が成立することもあります。

 

たとえば、次のようなものも協議離婚の理由になっていることもあります。

 

  • 顔を見るのがイヤだ。一緒にいたくない。
  • 収入が少ない夫に愛想が尽きた。
  • 食事を作らない。
  • スマホを見ていちいち文句をつける。

 

家族との生活を離婚理由にするものも数多くあります。

 

  • 年寄りの面倒な介護を配偶者(嫁)に押しつける。
  • がだんだん認知症になってきたが実の子である夫は知らん顔。
  • 年寄りの徘徊、盗癖がでてきて嫌になった。
  • 夫のマンションを一部屋あてがっているが、マンションが狭いので孫達とのトイレの奪い合いがおきて「おじいちゃん出て行け」などという騒動が始まった。

    親たちは田舎の家を売って息子と二世帯のマンションを買った。
    孫達は金銭関係は知らないから勝手なことを言う。

  • 義理の父母が夫婦の部屋をのぞき込む。

離婚理由のランキングで常に一位なのは、いつの時代でも「性格の不一致」です。

 

ただ、この調査は、協議離婚でなくて家庭裁判所で行われる調停離婚を元にしているんですね。

 

日本では、離婚する夫婦の9割近くが協議離婚をしているという統計が出ています。

 

実際の離婚したい理由はたったひとつということはないでしょうが、協議離婚だったら、どんな理由でも離婚はできるんです。

 

誰かに離婚理由を相談しても悩みは増えるだけ

 

 

一人で、離婚するかどうかの問題を抱えているとき、誰かとシェアしてしまえば、つらさが半分になるのかな、と考えることもあります。


 

話すことで離婚という人生のシーンで、つらさが軽減されることもなくはないですが、

 

夫婦のことって、自分でしか解決できない問題も多いですよね。

 

その違いがわからないまま自分以外に話してしまうと、半分どころか新たな悩みのタネを抱えることにもなりますよ。


離婚の話を、他人に打ち明けてみたけど、受け止め方が予想と全く違っていて、さらに悩み始めることもあります。

 

悩みを半分にやわらげようと思っていたのに、今度は新しい問題を生み出してしまったら、半分どころの話ではないですよね。

 

悩みが増えると、悲観的な方向に進んでしまうものです。

 

最初は「離婚しないでどうにか夫婦としてやり直したい」と思っていたのに、いつの間にか離婚する方向に進んでいたりして、さらに悩みが深くなっていってしまうんですね。

 

だから、ついグチまじりにほかのだれかに離婚したい理由を話をしたとしても、受け取る自分は参考程度にとどめておく気持ちを常に持ってないと、離婚の方向に流されてしまいます。

 

離婚したい理由よりも婚姻関係が破綻しているかどうかが問題

 

離婚原因は離婚訴訟になるとほとんどの場合「その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」にあてはめて考えることになります。

 

多くの場合、離婚原因にはならないケースが多いのですが、結婚生活が 完全に破綻 していれば認められる場合もあります。

 

離婚するのには、協議離婚→調停→離婚訴訟と段階がありますが、夫婦生活が破綻していなくても、離婚したい理由がどんなものでも、離婚できるのは協議離婚の段階です。

 

多くの夫婦は不仲となってしまって、形式的に話し合いにより協議離婚するケースです。

 

離婚動機や離婚を決意する理由はいろいろ増加しています。
今後も新しい問題が起きてくるはずですね。

 

離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後の財産のことについてはお互いに話し合えないからこじれることも多いです。
離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

気をつけておきたいのは、住宅ローンの残っているマイホームを持っていて離婚をする場合には、売却したらどれくらいの価格になるかを出しておかないと、資産価値からの処分を検討することもできません。
住宅ローンはその売却できる価格から差し引きます。

周囲の人に知られずに、売ったらいくらになるかわかります(無料です)

 

よく読まれている人気関連コンテンツ