どうして離婚が決断できないか?

不安と悩みは必ずある

離婚したいと思っているけど、いざ 離婚するという決断 をするとどうしても漠然とした不安や悩みが出てきますよね。

 

漠然とした悩みを、実際によ〜く考えてみると、4つの理由があることに気がつきます。

 

離婚すべきかすべきでないか、悩んでいる人の決断できない理由は4つに集約されます。

 

前の2つは主に女性に、後の2つはどちらかというと男性に多い感じですね。

 

こんな離婚の決断に際して生じてくる4つの理由を、さらに具体的に考えて悩みを解消する方法があります。実際に、どうすればいいのかを考えてみることにします。

 

 

経済的な不安がある

 

離婚したらほとんどのケースでは生活水準自体が下がります。

 

特に子供がいて専業主婦をしていたような女性は、離婚後の生活のめどがたたないで、離婚の決断をためらってしまうことが多いです。

 

パート勤務や契約社員勤務をしていても、今後の給料が増えて行く事が予想されないと、さらに経済的な不安は解消されませんよね。

 

女性の社会進出が進んでいるとはいえ、女性が出産育児でキャリアが中断してしまうのは避けられないことかもしれません。

 

このことは、育児施設の不足とか高額な費用の問題だけでなく一人で悩む問題でもありません。

 

具体的に1ヶ月にいくら必要で、いくらぐらい収入が見込めそうか算出してみることです。

離婚後はいくらくらい稼げれば暮らしていける?

 

離婚後の生活は養育費や財産分与、慰謝料などである程度の目処が立つかもしれないですし、児童手当や年金分割などの他にも行政からの支援が見込めることもあります。

 

離婚の決断をしたとしても、離婚話を相談する前に、お金の面については一人で準備をすすめておいたほうがいいです。

 

いつまでも、いやいや結婚生活を続けて、夫に寄生してるよりずっと素晴らしい人生送ることができます。

 

離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後に夫婦になってから築いた財産のことについては話し合えないとこじれることも多いです。
離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

法律上、財産分与は、婚姻期間中に築いた財産を夫2分の1、妻2分の1の割合で分け合うのが原則です。

 

もし自宅などの不動産を所有しているのなら、最終的に離婚したとなるとお金の問題は、財産分与で清算、という方法をとります。

 

売却したらどれくらいの価格になるかを出して、資産価値からの処分を検討しておきましょう。住宅ローンはその価格から差し引きます。

売ったらいくらになるか60秒でわかります(無料です)

 

ある程度自分で経済的なめどを検討したら離婚を決断すべきです。

 

子育ての不安

 

「親が離婚しては子供がかわいそう」という思いは、子を持つ親であれば頭をよぎる人が多いです。

 

たしかに父親、母親それぞれに役割があるので、両親がそろっているに越したことはないかもしれません。

両親の役割

 

母親 には母性本能があって、子供に無償の愛を注ぎ込むと言われていますよね。

 

父親 の役割は、「自分の父親に耐えることができない者は、誰に対して我慢できようか」とローマの詩人が言っているように、子供の成長における父親の果たす役割というものがあります。

 

古今東西、子供にとって父親というのは怖いものであって、それに耐えうる訓練ができてはじめて社会に出て行ける、という知恵です。

 

つまり、子供が母親のいうことを聞かないときに、父親が出てくる、といういわば叱り役のようなものでしょうか。

 

そうやって子供は我慢することや、世の中は何でも自分の思い通りにはならないものだということも学んでいくのでしょう。

 

もちろん父親と母親の役割分担は、昔と今では違うかもしれません。

 

両親がそろっているに越したことはないのですが、だからといって仲の悪い夫婦のまま無理に離婚を思いとどまるのが子供のためとは限りません。

 

子供って、親が幸せそうなのが一番いい環境なんですね。

 

好きでもないのに我慢して、ストレス溜めながら我慢して生きている親なんて子供の精神衛生上いちばん悪いです。

 

心身ともに親が元気な方が子供にとってもいいし、離婚の選択肢は間違ってないんですね。

 

離婚をして、親権がなくなったとしても、一緒に暮らせなくなっても、親子の絆は一生ものです。

 

面接交渉権もありますし、離婚したからといってこれから全く会えなくなってしまうわけではありません。

 

子供の前で両親がケンカばかりしている姿を見せるくらいなら、むしろ早く離婚して安定した生活を送れるようにしてあげた方がいいともいえます。

 

状況によっては、子供を愛するがゆえに離婚を決断すべきだという考えです。

 

世間体が悪い

離婚に対して世間体を気にしている夫

 

最近では少なくなってきましたが、地方に住む人や職業が公務員や大企業のサラリーマンなどの中には 世間体 を気にして離婚の決断ができない人がいます。

 

離婚のことを「バツイチ」と言いますが、昭和の時代が終わって平静になった頃から、明らかに離婚に対しての世間の受け止め方が変わってきたようです。

 

今になっては、たとえば東京・大阪などの大都市で暮らしていると離婚しても世間からの圧力などはほとんど感じないですみます。

 

一昔前の日本は、年頃の女性は特に、「早く結婚しろ」といわれ続け、

 

結婚したら結婚したで、「早く子供をつくれ」

 

別れたい、とでも言おうものなら「離婚なんてみっともない」

 

というプレシャーを感じさせる社会でした。地方などでは今でもそうかもしれません。

 

世間からのプレッシャーが減って、人生を再スタート、再チャレンジしやすくなったのは離婚の決断をしやすくなった、ともいえますね。

 

いずれにしても「世間体」などを気にしたところで、誰かが責任を取ってくれるわけでもありません。

 

離婚という人生の一大事を「世間体」のために左右されるなどしていたら、心が貧しい人間になってしまいます。

 

離婚を機に新しくスタートを切ることができる、また新しいパートナーを見つけることができる、と思うと、世間体ごときで離婚したいのは人生においてももったいない時間を過ごしていることになります。

 

世間体を気にして離婚を決断しないのはチャンスを逃していることになります。

 

意地とこだわり

 

比較的、夫である男性に多いのが、妻に対して愛情があるわけでもなく、子供のためでも、お金のためでもなく、ただ相手のペースで離婚されることに対して 意地 を張っているという状態です。

 

離婚に同意しないというケースです。

 

自意識が強くて、プライドが高い、自分のことは棚に上げて、相手の欠点ばかりあげつらうタイプに多いですね。

離婚に頑固な夫

 

たいていはこうした性格に配偶者は嫌気がさして離婚話に発展しているというのが実状です。

 

こういうタイプを相手にすると、合理的な理由がなく、感情論で無茶な条件を言ってきたりして、離婚話もこじれやすくなります。

 

一方で、ただ感情的になっているだけということもあるので、意外とちょっとしたきっかけですんなり離婚に応じることもあります。

 

離婚に応じない、とがんばってみたものの、別居が状態化して、調停、裁判となっていくうちに、離婚を避けられないことを悟って離婚が決まることもよくあります。

 

基本的に交渉というのは、感情的になった方が圧倒的に不利になります。損得と言うことからいえば、「意地」で離婚に応じないのは損になってしまいます。

 

 の方でも、意地を理由に離婚しない方もいます。

 

その理由はほとんどの場合、夫の浮気や不倫です。

 

夫が浮気や不倫を繰り返していて、離婚したら夫が自由になるだけで、妻としては許せない!なんでわたしだけ・・・という感情がある場合にも、意地で離婚しない人も多いです。

 

いっそのこと、『お金のために割り切る夫婦関係、夫をATMとしてみる』と考えてしまったりします。

 

確かに、その気持ちもわかります。

 

離婚したら、夫の方は新しい女性と新生活が堂々とできるのに、自分の方は子供を抱えたりして負い目や負担を感じながら生きていくのでは、ないか、という不安もありますからね。

 

でも、こういう配偶者の浮気や不倫対策で準備しておくのは、証拠です。

 

証拠さえ押さえておけば、いざと言うときに有利に話をもっていくこともできるし、たとえ離婚訴訟に発展しても、証拠の提示ができれば、慰謝料を多くとることもできます。

 

事実上、肉体関係を証明できなければ慰謝料はほとんど認められません。

 

探偵に依頼すると、確実な証拠を集めることができ、離婚裁判をしても勝つ可能性が非常に高くなります。

弁護士法人探偵響Agent 浮気診断を匿名でOK!

 

こうして意地を解消する事で離婚の決断をし、自分自身が前向きになれば新しいスタートはすぐそこに待っています。

 

離婚したいと思っている人は、ほとんどの人が法律の専門家に相談しています。

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ