離婚したい!でもなにから準備していいかわからない

離婚の準備は生活費の捻出をどうするか考える

 

離婚したいと思ってはいるけど、何から準備していったらいいのかわからない。

 

気持ち的には、いつでも「離婚してやる」なのですが、具体的に行動として何からすればいいのか、わからないですよね。

 

離婚の準備は、まず 生活費の捻出を中心に 考えます。

 

「離婚」というと、不安なことばかりが頭に浮かびますよね

  • 『お金がなくなって貧しい生活になったらどうしよう…』
  • 『子供たちに寂しい思いをさせたらどうしよう…』
  • 『再婚とかできるのかな…』

不安なことばかり考えて、何も行動すら起こさないと、結局は何もしていない、ということと同じなんですよね。

 

ここでは離婚の準備をする時の生活費の捻出について考えてみました。

 

 

収入面で不安で心配すると困ってしまうことになる

離婚で気になるお金

 

離婚できたとしても、生活するためのお金を今後どうしていくかを考えると、どうすればいい?っておもいますよね。

 

お金は夫が管理してるから妻はへそくりさえなんてなると・・・・

 

いままで、仕事のブランクがあったり、本格的に仕事をしてこなかったりすると、社会に出るだけでも自分自身で抵抗を感じたりします。

 

どれだけ相当な準備期間が必要なのかも悩ましいですよね。

 

もし、離婚することを一歩踏み込んでお金の準備として、養育費や財産分与などを考えているなら方向としては家にある財産の把握からはじめることです。

 

どんなに考えても財産と言えるものはない。

離婚したいけどお金の準備ができない主婦

 

そんなときでも、お金がなくても住むところがあれば何とかなる、という考え方もありますね。たとえば、実家に出戻りとかですね。

 

一度実家に戻ると出て行きにくそうではあるんですが、自立するまでは実家にいる、という期間限定で考えてもいいです。

 

それに、実家だと児童扶養手当がもらえなくなる可能性はあるんですが、食費や子供の見守りなどの面で利点が多いです。

 

たしかに、離婚したいという気持ちがあるときは、先の事なんか考えていられなくて、離婚してから考えよう〜って、突っ走ってしまいたい気持ちになってしまいがちです。

 

ただ、どうしたら幸せになれるか、ってことを考えていないと、離婚してから生活費すらなくて、さらに不幸になっちゃったりして途方に暮れちゃいます。

 

だから、離婚したいから準備…と思ったらまず生活費の捻出を考えましょう

 

慰謝料と財産分与をあてにする離婚の準備はしないこと

 

離婚したいとずっと思っているんですけど、準備 をするとしたらなにからしたらいいのかと思ってるんです。

離婚してから、仕事するにしろ、どこに住むかにしろ、子供の学校のこと、などなどいろいろありますが、メインとなるのは生活費の捻出です。

離婚してからの生活費を、離婚するときにもらう慰謝料や財産分与とか養育費でまかなえると思っていたりしたら危ないです。

 

離婚した後は、慰謝料は女性が必ずもらえると思っている人も少なからずいるんですよね。

 

そもそも、慰謝料は相手に非がないともらえないものです。

慰謝料を払うのは責任があるときだけ

 

養育費もおもいっきり口約束だったりすると、半年もたたずに送ってこなかったりもします。

 

最近のデータでは養育費を決めて、1年以上支払ってくれている人は、2割もいないというデータもあります。
参考→養育費の不払いに関する厚生労働省のサイト

 

慰謝料と養育費をあてにしないで生活費を計算する

 

そんなんだったら、慰謝料とか養育費ってあてにならないんですね〜

若気の至りで勢いで離婚しちゃって、人に威張れるような別れ方?してない人ほど、生活費でヒクヒクしているんですね。

 

たいてい勢いで何も決めないで離婚した経験者は後悔してます


その場の感情で「離婚する!」と言ってしまっても、生活力 がないと大変なことになりますね。

とくに未成年の子供がいる場合には、

「養育費もいらない!わたしが育てる!」

と勢いで口走ってはいけません。

 

被害を受けるのは子供です。

 

離婚したいと考えているなら、金銭的なことはきちんと考えて準備しないとね。

離婚後の生活費のことを考えるなら、気分で「離婚する!」とは言い切らないことです。

 

お金のない、家計のやりくりをしても赤字続きの生活は、精神面でもかなり負担がかかります。

 

お金の不安に悩まないための準備は必要です。

離婚後にお金ない不安に悩まないための離婚後の生活費をチェックしておく

 

離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、ほとんどの場合夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後の財産のことについては話し合えないとこじれることも多いです。
離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。

 

その際には、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近では不動産の売却見積もりをインターネットで1分程度でカンタンに不動産価格を出してもらうこともできます。

売ったらいくらになるかわかります(無料です)

 

離婚の準備まとめ

 

離婚したいと思うときがあるけど、離婚の準備まではなぁ…

 

そんなときこそ、思い切って行動してください。

 

行動といっても、『こういう生活がしたいなぁ』という想像だけでもいいんです。

 

離婚の準備は、不安になるための行動ではないです。

 

今の生活が…と不平不満だけを言い続ける生活よりは、ずっと前進しているはずです。

 

その結果が「離婚」とならずに、円満な家庭になったら、それはそれでうれしい誤算ですよね。

 

離婚したいと思っても、離婚しないほうがいいパターンの人っています。

離婚するかしないか こんな人は離婚しない方がいいかも

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ